宮城県仙台市から栃木県那須塩原市へアトリエPOPPOで制作活動している金属工芸作家本田ゆうすけのブログです。
主に金属を素材として、静かで穏やかな空間を演出することをテーマに制作活動しています。
家庭の室内空間や病院、マンションなどのパブリックスペースにも空間に合わせて提案しています。
常設販売 宮城仙台ギャルリアルブル。石巻観慶丸本店など
作品は、instagramに載せています!!ご覧ください。 https://www.instagram.com/atelierpoppo/
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スプーン、フォーク。

 

華奢なスプーンとフォーク。

楽しいカトラリーです。

さらを銅、柄を真鍮で作り、錫引きをしています。

もえぎ城内坂店にて展示販売しています!

 


【今後の展示予定】

栃木県益子町

もえぎ城内坂店でうつわ、カトラリー、時計を取り扱い頂いてます。

 

宮城県仙台市

ギャルリアルブルに壁掛け時計

とり時計、おうち時計、丸時計

納品しました。

 

11月13日〜19日

大丸東京店 うつわ、カトラリーの展示

 

12月

宮城県加美町 工藝 藍學舎にて「柊会」に参加

モビール・アクセサリーなど展示します。

 

もえぎ城内坂店にて取り扱い始まりました。

益子もえぎ城内坂店にて

錫引き銅うつわ、カトラリー、壁掛け時計の取り扱い始まりました。

 

新しく四角いお皿作りました。

大きいものもなかなか良いです。

素材に合う形ってあるんだね。

 

明日から益子の陶器市がはじまりますので

ぜひとも一緒にご覧ください。

 

 

銅板を金槌で叩いて形を作り、表面に錫引き(錫のメッキ)をしています。

銅の鍋、フライパンのように調理器具と同じ作りになっています。

錫引きをすることで変色することなく食器としてつかうことができます。

 

錫引き、真鍮も扱い方で少しずつ色は変わっていきます。

半年に一回など重曹で磨いたり、クレンザーや歯磨き粉など研磨剤が入ったものと

堅めのスポンジと水で洗うと輝きが戻ります。

壊れることはありませんがたまに磨いてもらうといいですね。

たくさんつかって磨いて錫が薄くなったら錫引きすることもできます。

 

銅の耐熱性について。

銅の鍋、フライパンと同じ作りなので問題ないです。

直火は錫の融解もあるのでできません。温めるくらいはできるけど熱いです。

電子レンジは電磁波を跳ね返したりするので使用できません。

薄い陶器と同じように熱いものを入れるとは持てません。

 

金属、銅の温かさって

手触りが違くて

私は好きだったりします。

どの料理に合うかは私も使ってもっともっと改良していきます。

手に取ってぜひともご覧ください。

 

【今後の展示予定】

栃木県益子町

もえぎ城内坂店でうつわ、カトラリー、時計を取り扱い頂いてます。

宮城県仙台市

ギャルリアルブルに壁掛け時計

とり時計、おうち時計、丸時計

納品しました。

 

11月13日〜19日

大丸東京店 うつわ、カトラリーの展示

 

12月

宮城県加美町 工藝 藍學舎にて「柊会」に参加

モビール・アクセサリーなど展示します。