宮城県仙台市から栃木県那須塩原市へアトリエPOPPOで制作活動している金属工芸作家本田ゆうすけのブログです。
主に金属を素材として、静かで穏やかな空間を演出することをテーマに制作活動しています。
家庭の室内空間や病院、マンションなどのパブリックスペースにも空間に合わせて提案しています。
作品は、POPPO Web!! からご覧ください。 POPPO web!! http://www.poppomobile.com/
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オーダー表札。 | main | Poppo color >>
積み木、木のかけら。

 

 

 

最近は、積み木にハマっている様子。

私も木っ端、木のかけらを組み合わせた作品を制作することもあって。

研究がてら、一緒に遊んでいます。

 

ニューブロックもいいけど

シンプルな積み木も自由度高い。

なんでも作れるし。

立体としても平面的にも

 

トミカがあるから道路、街をつくることが多いけど

お題を考えて一緒に作ること

そうすると色々考えてお題を出してくるのでなかなか面白い。

 

そして、できた!って完成すると

30秒くらい、ちょっと遊んで「また作ろ―っ!!」

写真撮る間もなく、次の作品へ。

作る過程でトミカで遊んだり

考えたりするのが面白いみたい。

 

集中すると2時間くらいずっと積み木だったりして。

助かります。

 

 

最近、いろんなモビールを知るほど

自分の作品はモビールではないんじゃないかと考えたりする。

モビールって広い。

立体作品、オブジェっていってもね。

私なりに自分の作品の表現の仕方は考えないとなと。

だいたい考えついているんだけど。

 

積み木のモビール、

木っ端のモビール。

 

たぶん、違う。

今、作ってるのは。

 

私は、あまり技術派じゃないから

シンプルにして

どんなことを考えてどんな方法とってどう表現するか

これが大事なことなんだ。

 

だから、モビールって名前は合わない作品もあるね。

 

街っぽい

 

トーマス。

 

シンプルに作って伝わるって面白いよねー。

食べ物や車とか色々伝わるけど

ちょっと雑なデザインだと違うと怒られることも

その辺が面白い。

要素が少ないからできる自由度楽しい。

 

その辺が作品の大事なとこ。

考えなくちゃ。

 

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://poppo-yusuke.jugem.jp/trackback/360
TRACKBACK