宮城県仙台市から栃木県那須塩原市へアトリエPOPPOで制作活動している金属工芸作家本田ゆうすけのブログです。
主に金属を素材として、静かで穏やかな空間を演出することをテーマに制作活動しています。
家庭の室内空間や病院、マンションなどのパブリックスペースにも空間に合わせて提案しています。
常設販売 宮城仙台ギャルリアルブル。石巻観慶丸本店など
作品は、instagramに載せています!!ご覧ください。 https://www.instagram.com/atelierpoppo/
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< cosine×本田ゆうすけ 子どもたちへの贈り物「こっぱモビール展」2こっぱモビール | main | galerie arbre 時計、アクセサリー追加。 >>
cosine×本田ゆうすけ 子どもたちへの贈り物「こっぱモビール展」3こっぱについて

そうそう。

改めてこっぱについて。

この作品の成り立ちについて説明をしておきたいのです。

 

「こっぱ」って

 

 

木のかけら。

北海道旭川で生活道具、家具を制作しているメーカーcosine

形、長さを加工する事で生まれる端材。木っ端なのです。

 

cosineでは、「ぜんぶ生かす、ぜんぶ還す」

という取り組みがあります。

端材もおもちゃにしたり、ワークショップに使ったり

木屑も動物の世話に使ったりや肥料にもなるそうです。

 

 

こっぱは普通、ボイラーの燃料になったりするものですが

コサインでは、こっぱを使って様々な取り組みをしています。

 

子供向けにこっぱを使った時計づくりや

くるまやロボットも作ったりも。

うちの子も行かせたい。。。

 

 

今回は、その一つとして。

こっぱを使って

豊かな空間を

穏やかな時間を

提案できるものとしてモビールを制作しました。

こっぱを使ったオブジェのようなおもちゃも。

 

こっぱはもちろん端材であり制限のあるものだけど。

メープル、ナラ、ウォルナット、サクラなど素材、色合いがいいこと

加工の上でできた形が面白いこと

 

モビールにとっては、軽いことが重要でとても面白い素材。

 

まだまだ研究できるし、奥が深い。

 

今回の展示会ももちろん見て頂きたいですが

色々なとこに飾ったり

ワークショップなど人と繋がったりして

 

この作品、活動を通して

楽しい空間、楽しい時間を共有したいですね。

 

 

これは、POPPOの考え方にも通じるところがあって。

とても大事な事。

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://poppo-yusuke.jugem.jp/trackback/390
TRACKBACK