宮城県仙台市から栃木県那須塩原市へアトリエPOPPOで制作活動している金属工芸作家本田ゆうすけのブログです。
主に金属を素材として、静かで穏やかな空間を演出することをテーマに制作活動しています。
家庭の室内空間や病院、マンションなどのパブリックスペースにも空間に合わせて提案しています。
常設販売 宮城仙台ギャルリアルブル。石巻観慶丸本店など
作品は、instagramに載せています!!ご覧ください。 https://www.instagram.com/atelierpoppo/
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 青葉事務所オーダー制作依頼。 | main | 指輪の制作。 >>
公共空間におけるコンセプト

青葉事務所、エントランス、公共空間におけるコンセプト。
設置スペースから考えて行きたいと思います!!

改めて空中に飾るとは不自然なこと。
でも
この空間に飾ったら楽しくなるし元気になるようなものが提案したい。
願い、祈りみたいなものだけど。

 

毎日見るものであったり、たまに見たり
気がついた時に「おおっ」と気づいて
あれ、動いてる
少しみいってしまうようなこと

そんな時間を作りたいと思っています。

 

それは、ただ空中に吊ってあればいいというものではなくて
空間に寄り添って浮いている
重くなくてなるべく自然に。

物体が浮くっておかしいことだけど
浮いていて心地よい感覚
私はこれを浮力感ととらえています。

とくに飛行船シリーズがふんわり空を飛んだりしていて
心地よさを感じます。

空間における質量、見た目の軽さも重要。
質量が多いと気持ちが悪い。

あとは水平感も。傾いていると心地が悪い。

様々な要素で普通に自然に近く飾ることができる。

 

次は動きについてだね。

 

視覚と動き。
落ち着く動きってどんなものでしょうか?

 

一定のリズムで動くものもあれば
くるくるまわるもの、速いもの
いろいろありますが

私は中でも微かな動き、ゆっくりとした動きが好きです。

 

風にそっと動くような

空中に常にあるものとしたら
動きすぎは、きっと疲れる。
たまーに動かすからいいと思うんだよね。

 

そんなずーっと見てるわけにいかないですから
気がついたときにゆっくりと動いている。

動きに引き込まれる。

その時に、人の時間の流れを少し緩やかにできたら嬉しいです。

 

ぼーっとみてしまう時間。
ゆっくりと時間が流れていて、今に浸る。

人には、忙しいこと、不安なこと、イライラすること
まぁ色々ありますがちょっと動きに見とれて
フワッと軽くなるような感覚。

見とれて気がつかないうちに呼吸してる。

 

すぐに忘れてしまうようなものだけど

動きに気づいて一瞬だけ作品の空気、世界に引き込む。

 

少しの間だけ静かな時間に浸ることができたら

リラックスしたり、気持ちをリセットできるようなものになってほしいと思います。

 

このスペースには、縦型でゆっくりと動き
世界を持つ作品が合うと思いました。

 

ベースは「空の家」シリーズ。

 

 

これらですね。

場所に合わせてシンプルにするか
これからデザインを検討していきます。

 

楽しい空間になりそうですね!!

空間、使う人によって作品は変わります。
せっかくつくるんだから色々考えていいものがつくりたい!

 

私の作品は空間と共にあるのです。

 

日々の時間の流れをかえるような
空中に飾るもの
興味があったらご相談ください〜

 

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://poppo-yusuke.jugem.jp/trackback/400
TRACKBACK