宮城県仙台市から栃木県那須塩原市へアトリエPOPPOで制作活動している金属工芸作家本田ゆうすけのブログです。
主に金属を素材として、静かで穏やかな空間を演出することをテーマに制作活動しています。
家庭の室内空間や病院、マンションなどのパブリックスペースにも空間に合わせて提案しています。
常設販売 宮城仙台ギャルリアルブル。石巻観慶丸本店など
作品は、instagramに載せています!!ご覧ください。 https://www.instagram.com/atelierpoppo/
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< インテリアスタジオ・アーテリア(高崎) | main | パンのうつわ。 >>
まるさら

 

新風展に向けて作品も仕上がってきました。

実は真鍮カトラリーも種類がたくさん。

 

同じものをつくるというより少し形をかえて使い勝手を試したり

銅のうつわも真鍮カトラリーも特別な一品を意識して。

 

うつわの工程は

銅を焼きなまして、叩く、絞る。

うつわの表面に錫を引く。

 

木槌はゆるめでぼこぼこして柔らかそうなうつわ。

金槌だと槌目もついてしっかり成形、硬めのうつわ。

 

錫も薄く引いたり、溜まりを残して

模様をつくってみたり。

裏面は、うつわを200℃まで温めて錫を溶かし塗る為

その火跡がうまれる。

 

金属工芸は、全面金槌で仕上げが普通なんでしょうが。

緊張感がでちゃうから。

 

少しゆるめで

生活に馴染みやすい形がつくりたいなと考えてます。

 

まるさらは14僉17僉20僉

絞りの角度を少し変えて

14僂里Δ弔錣篭眥箸脳し深めに。

他のは木槌を使って浅めに。

 

色んな形紹介していきます。

 

 

本田ゆうすけ、すずきひろみ二人で参加します。

 

工芸作家によるグループ展
第9回 新風展
2018年8月25日(土)〜 9月2日(日) 

招待作家

小田中 耕一(型染)

 

圓鍔 由紀子(時計・型染)

大内 学(硝子)

笠原 悠貴(木工)

酒井 蘭子(陶磁)

庄司 葉子(染織)

すずき ひろみ(金工)

本田 ゆうすけ(金工)

松坂 渉(鋳・革)

松崎 修(漆器)

矢萩 誉大(陶磁)

横沢 美佳(金工)

 

本田在廊予定日 27日(月)28日(火)

会期中無休
10:00〜18:00 最終日16:00まで

工藝 藍學舎 
〒981-4251
宮城県加美郡加美町字西町78 
TEL 0229-63-4739

 

【銅器の取り扱いについて】
陶器などの食器と同様に洗剤にて洗うことができます。
鉄たわしのような硬いもので磨くと錫引きが剥がれることがあるのでご注意ください。
食器洗浄機や電子レンジは熱くなるので使えません。
銅は、熱伝導が良い為、熱いものを入れたときは火傷にご注意ください。

錫は融点が230度であり、火をあて銅の表面に錫を溶かし薄く塗ります。
裏面はその炎の跡で模様ができ、酸化膜になります。
こちらも時間と共に色合いが落ち着いてきます。
気になるときは歯磨き粉と水、スポンジなどで優しく洗ってください。

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://poppo-yusuke.jugem.jp/trackback/465
TRACKBACK