宮城県仙台市から栃木県那須塩原市へアトリエPOPPOで制作活動している金属工芸作家本田ゆうすけのブログです。
主に金属を素材として、静かで穏やかな空間を演出することをテーマに制作活動しています。
家庭の室内空間や病院、マンションなどのパブリックスペースにも空間に合わせて提案しています。
常設販売 宮城仙台ギャルリアルブル。石巻観慶丸本店など
作品は、instagramに載せています!!ご覧ください。 https://www.instagram.com/atelierpoppo/
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< movement.冬のモビール | main | 冬のモビール。飾り方。 >>
風の便り。@バッハホール

観慶丸さん納品の後は加美町へ。
藍學舎30周年イベント「風の便り」、バッハホールへ。


30周年おめでとうございます。
ピアノもおはなしとダンスともりもりのイベント。
常連のお客様も作家も演奏家もたくさんの賑やかなパーティーも。
出会いもたくさんあって素敵な一日でした。

 

私は2010年に大学アシスタントを終えて、
実家で制作を始めましたが

工芸家や作家は、
初めは本当に情報も何もないし進む道もわからない。
どこでも発表すればいいというわけではないし
まして私は、金属のモビールでジャンルも仕事の広げ方も手探りでした。


そんな中、見つけてくれて新風展を誘って頂きました。

 

作家にとって

ギャラリーオーナーに出会うということは大切なこと。

当たり前のように思えるけど


今は、クラフトフェアなど作家が直接販売する事も多く
レンタルスペースで展示もたくさんある。

 

自分だけでは作品は作れないし、売ることもできない
まだ表現の事はいいとしても、継続して売ることは大変
作家も生活あるから。絶対に必要なこと。

 

自分の考えを理解して表現を広げ、様々な人の生活に繋げてくれる。
そんな空間、人に出会えたことは、奇跡に近いです。


笠原博司さんと冬実さんに出会って
アトリエPOPPOの今があります。


来年POPPOの個展は、恩返しができるよう二人で頑張ります。

 

30周年本当におめでとうございます。
これからも一緒に良い展示会をつくって
穏やかな暮らしを提案できたら嬉しいです。

宜しくお願いします!

 

写真は、藍學舎の併設カフェ、

カフェドゴーシュのモビールです。

 

COMMENT









Trackback URL
http://poppo-yusuke.jugem.jp/trackback/516
TRACKBACK